大人も子供も楽しめるクリスマスの風物詩

絵本「サンタクロースにあった夜」

皆さんは、サンタクロースを何歳まで信じていましたか?私は小学校6年生くらいまで。枕元に置かれたプレゼントとお手紙を発見した時の喜び、温かさに今でも胸がじーんとします。チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」や「オリバー・ツイスト」、時には百人一首・・・これら全て父の趣味でした笑。
さて、そんなクリスマスのときめきが蘇る詩(絵本)をご紹介します。

“大人も子供も楽しめるクリスマスの風物詩” の続きを読む

ニューヨークでの日々が蘇る

今年、NYのアーティストに日本で巡りあう機会が多く、これはそろそろ行くタイミングだ、と気持ちが疼いていってきたのが2か月前。3年ぶりのNY。アメリカで舞台を主演したり、P-FUNKの面々に引き合わせてくれたり、常に人生の転機はNYとともにあります。今回はどうしても現代写真の巨匠ロバート・フランクさんにお会いしたくてNYへ‼︎

“ニューヨークでの日々が蘇る” の続きを読む