4月13日、草津はまさかの雪景色

草津温泉へ向かう途中、群馬のインターチェンジで休憩。肌寒さを感じ、お店のスタッフさんに話しかけると、数日前、春には珍しく雪が降ったのだとか。再びバスへ乗り込み、窓から見える桜に心弾ませ、山道に入れば一面に広がる雪景色にはっとする。

気温マイナス1度❄️

春めいてきたとはいえ都心から少し離れれば、この冬の寒さに背筋が伸びます。どおりでまだ体が完全に春仕様になっていないのだと納得した次第です。

温泉に浸かりよぎることといえば、このブログの更新に今後の映画製作🎬、創作活動。
わたし生きてま〜す!

昨年も盛りだくさんの試行錯誤と冒険を経て、育ち盛りの子供さながらの成長があったというのに、ね。

ということで、これから週1更新していきます😘

大概がひとり旅の私にとって、温泉巡りは家族旅行ならでは。

一泊、つかの間の休息です。

宿に着くや否や、早々に最近日課のオンライン英会話のレッスンを敢行。(30日連続達成✌️)フィリピン人の先生と温泉についてフリートーク。

夕食を終えたら、夜の温泉街へ繰り出しました。もくもくと湯気が立ち込める湯畑へ。

草津温泉 湯畑
草津温泉 湯畑

源泉掛け流しの温泉はやはり気持ちがいいもので、温泉格付け東の横綱、草津温泉は自然湧出量が日本一。
毎分32,300リットル以上もの湯が湧きだすというのだから驚きです。

1日でドラム缶約23万本分に相当するのだとか。

翌朝7時の早朝お散歩では、天皇陛下のお散歩コースにちなんだロイヤルコースをひた歩きました。

マイナスイオンで癒しのお散歩という触れ込みでしたが、2.5キロの早足ハイキングで、かなりハード。

5歳の男の子が弱音ひとつ吐かず、終始元気に雪を踏みならし、時折転ぶとみんなで雪をはらいながら歩きます。そして無事宿に帰還。すっごいねー!と達成への言葉をかけると、男の子は照れ笑い。このままどうかすくすく育ってね!道中、男の子に歩道を歩かせ、足跡の付いていない雪道を歩くお母様の凛とした姿に見とれました。ペースダウンして後ろを歩く年配女性への気遣いも素敵。

大地を踏みしめて、歩く。

地中奥深くから湧き出るエネルギーをからだに取り込んでいよいよ私の活動も始まります。春は芽吹きの季節。気温の変動も激しいですが、皆さまお体にはお気をつけて自分らしく花を咲かせましょう🌷

いまだ思い出す味噌こんにゃくの優しい味。行きも帰りもペロリと腹ごしらえ完了です。心が満たされました。

 

プロフィール

川嶋一実
川嶋一実
週末女優 -製薬会社OL×女優-
聖心女子大学卒。国内外で舞台・映画出演の他、聖心女子大学哲学科芸術学の授業で特別講師として招かれるなど活動の幅は多岐に渡る。
〈 人生に転機を 〉と2011年ひとりニューヨークに飛び込み、翌年アメリカで舞台「HITOMI」に主演。
2016年プロデュースユニット“週末女優”を始動させ、女の二人芝居『たまことゆかり』(作:五戸真理枝/文学座)を春・秋と連続上演。2017年ドイツの報道番組に密着取材を受け、独自のライフスタイルが紹介された。
学芸員資格保有。映画・演劇・音楽をメインにインタビュー記事や作品紹介を通じて、アートのワクワクをお届けします!
詳しいプロフィールはこちら