写真家A-CHANにインタビュー、現代写真の歴史を変えたロバート・フランクや世界中のアートファンを魅了する「世界一美しい本を作る男」シュタイデルとの創作について直撃

20世紀を代表する写真家ロバート・フランクの現在公開中のドキュメンタリー映画『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』の監督にこの映画についてインタビューしてから、ロバート・フランクの作品や90歳を越えてなお、現役で新たな挑戦をし続けるロバート・フランクの生き方に魅了されています。

そして、『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』にもロングランヒットした『世界一美しい本を作る男〜シュタイデルとの旅〜』でロバートの隣に佇むアユミ、アーティストネームA-CHANがとても神秘的で彼女の作品や生き方に興味を抱きました。

ロバートの作品は世界最高峰の出版社シュタイデルから刊行されていて、その創作を支え続ける写真家のA-CHAN(アーチャン)が名古屋の個展で一時帰国中ということを知り、この夏名古屋の彼女の展示を訪ねてインタビュー敢行。

A-CHAN 「Sait'n Vinegar」2017名古屋個展取材

写真家A-CHANインタビュー NY10年の歩みとロバート・フランク、シュタイデルとの創作 【前編】

ロバート・フランクとゲルハルト・シュタイデルもパワフルですが、A-CHANのエネルギーと感性の鋭さもそれに匹敵しています。個性溢れる登場人物がおもしろいと読んだ方からツイートいただき、好評です。

A-CHAN Salt'n Vinegar

▲A-CHAN自身もシュタイデルから3冊の写真集を敢行。じわりとくる写真集。

写真家は写真を撮ってからの作業の方が長い月日を要します。

名古屋での個展でのインタビュー後は、暗室作業や本作りのレクチャーにも立会い、濃密な2日間。本作りの工程ひとつひとつにクリエイティビティーが宿っていて目が離せませんでした。

🔸シュタイデル主催のロバート・フランクの展覧会

9/2から神戸で開催「Robert Frank: Books and Films,1947-2017 in Kobe」の予習にもぜひ。本展示は世界50カ国を巡り、昨年の東京開催では、連日長蛇の列をなし、大好評。

公式カタログもなかなか素晴らしいですヨ!

私は見逃してしまったので、神戸には飛んで行こうかと思います。展示方法もユニーク、そして無料。

いつかシュタイデルにインタビューしてみたい!ものづくりの真髄をお伝えしたい。

ジャンルを超え出て、表現の本質に迫っていきます。

プロフィール

川嶋一実
川嶋一実
週末女優 -製薬会社OL×女優-
聖心女子大学卒。国内外で舞台・映画出演の他、聖心女子大学哲学科芸術学の授業で特別講師として招かれるなど活動の幅は多岐に渡る。
〈 人生に転機を 〉と2011年ひとりニューヨークに飛び込み、翌年アメリカで舞台「HITOMI」に主演。
2016年プロデュースユニット“週末女優”を始動させ、女の二人芝居『たまことゆかり』(作:五戸真理枝/文学座)を春・秋と連続上演。2017年ドイツの報道番組に密着取材を受け、独自のライフスタイルが紹介された。
学芸員資格保有。映画・演劇・音楽をメインにインタビュー記事や作品紹介を通じて、アートのワクワクをお届けします!
詳しいプロフィールはこちら